« 復活 | トップページ | てすと送信 »

2015年1月23日 (金)

ペンフィールドのホムンクルス

 復活を喜び、元気を気遣っていただくブログやフェースブックのコメント、ありがとうございます。

 病気の事もあって、以前より自分の脳について興味を持つようになった。
 僕の出血部位は、右視床。交差して、左マヒとなった。
愛すべきホムンクルスの大事な通り道を塞いでしまったのだ。

 幸いだったのは、言語や意識にほとんど障害がなかったこと。意識そのものについては、研究の最先端でわかってない事も多いというが、自覚的にわかることは、運動や感覚を伴わなくても、それが脳の中だけで起こっているらしいということ。だから、こびとが行き来できなくても、そこに強く存在し得たのであろう。そして、言語。これが、もし反対側だったら、言語に障害が出るリスクは高かったらしい。

 意識がはっきりと在り、それを表現できる言葉ががあること。それがその後の回復、そして今も、どれだけの推進力なっているか、はかりしれない。


M1map1_2


« 復活 | トップページ | てすと送信 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペンフィールドのホムンクルス:

« 復活 | トップページ | てすと送信 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31