« ゴーストライター | トップページ | 真央ちゃんありがとう »

2014年2月16日 (日)

フィギュアスケートのジャンプ

 素晴らしい、我らがyuzuruくんの優勝だった。彼の金メダルは無論栄光と言うにふさわしい。

 いやなことを先に言ってしまえば、ここ数日間のニュースは、世の中には、その栄光もって被災者に元気を与える人と、自らの名声のために被災者を利用しようとするひととの2種類がいることをたいへん際立たせた。

 それはさておき、報道番組のMCの多くの人が、フィギュアの話題を扱うときに、「素人なのでジャンプの種類がよくわからないのですが••」というエクスキューズを前置きに、専門家に演技のことを尋ねるのを目にする。その後のやりとりを見ても、本当にわかってなさそうだ。そもそも、ほぼジャンプだけに目をつけて演技を語っている時点で「ど」のつく素人なのだろうが、こんなにも注目されているスポーツにおいて、こんなにも、MCにすら「わからない」と言われるパフォーマンスもないだろう。逆に実況をしているアナウンスはすごいとも言えるが、MCならもうちょっと勉強しろという印象になる。

 と、ここまで考えたときに、身勝手な自分自身がまさにそうであることにハタと気がつくのであった。気がつくのが遅い。これは人のことを言っている場合ではない。便利な世の中になったもので、ネットの検索ボックスに「フィギュアスケート ジャンプ」と入れただけで、画像付きでいろいろなジャンプの解説を見ることができる。専門家やテレビ番組、そして個人的なブログなど、様々なひとが、自分なりに解説している。それらを、何日間かかけて断続的に観察し、そしてこのソチオリンピックのリアルタイムのスケートの演技を観察し、ようやく、実況や解説者の後追いくらいでアクセル以外のジャンプの種類もわかるようになった、と思う。そもそもそういうことをするまで、アクセルは前向きに飛ぶなんてことすら、わざわざ考えたりしなかった。
 なお、ネットのページで一番わかりにくかったのが日本スケート連盟の公式ページであったことを申し添えておこう。ちなみに参考になるのは、恐らくこちらと同じレベルであろう、素人さんのブログが多い。

 その成果だが、たとえばたとえば「yuzuruくんのルッツは、前から撮ったアングルだと、エッジがかなり外に重心があってわかりやすいなあ、安藤美姫が言ってたけど、真央ちゃんのトリプルルッツがあまり外に倒れなくて認定されにくいらしいけど、本番までには対応できるのかな」なんてことがわかったりする。どうだ。なんちゃて。

 無論、こんな程度のことは、フィギュアスケートの競技全体の鑑賞から言えばほんの初心者レベルに違いないが、それでもぐんと競技を見るのが楽しくなる。テレビ番組のMCですらその程度のことをやっていないらしのだが、見るだけならほんの少し時間をかければこんなに楽しくなるのだから、ぜひ試してみてほしい。さて、女子シングルが楽しみだなあ。

« ゴーストライター | トップページ | 真央ちゃんありがとう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケートのジャンプ:

« ゴーストライター | トップページ | 真央ちゃんありがとう »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31